快適な睡眠を得るために|頭皮環境を整えるにはおすすめの湯シャン|皮膚を傷めないヘアケア
女の人

頭皮環境を整えるにはおすすめの湯シャン|皮膚を傷めないヘアケア

快適な睡眠を得るために

眠る人

自分に合った枕選び

枕が合わないとよく眠れないだけでなく肩凝りや頭痛、いびきの原因にもなります。理想の枕とは、立った時の姿勢を横になった時でもそのままキープできるような枕です。そのような枕なら快適な眠りを得ることができ、安定感もあります。立っている時、人の体を観察してみるとなだらかなS字になっています。ですから、そのまま寝ると首の辺りに隙間ができますので、それを埋めるために枕を利用します。この首筋の隙間を自然な形で埋められる枕が理想の枕であり、寝る時の姿勢をより自然なものにしてくれます。理想の枕に出会えれば、不眠や肩凝りの症状は良くなります。必要な高さは個々で異なるものですし、好みの素材にも個人差がありますので、自分なりにぴったりの枕を探してみることが大切です。

覚えておきたい注意点

理想の枕探しは意外と手間がかかりますし、見つかったとしても使い方に誤りがあると快適な睡眠を得ることはできません。ですから、覚えておきたいポイントがあります。まずは乗せ方ですが、頭だけを乗せるではなく肩が当たる位に深く乗せるのが正解です。後頭部から首筋にかけて広い範囲で頭を支えることで負荷を分散でき、首や肩が疲れにくくなります。次に枕の硬さですが、柔らかければ負担が減るだろうと柔らかめの枕を選ぶ人が意外と多いのですが、柔らかいものは頭が沈み込んで固定されてしまい、うまく寝がえりを打つことができなくなります。寝がえりが打てないと首や肩に負担がかかって肩凝りが引き起こされますので、ある程度の硬さはあった方が良いようです。